IRイベント

INVESTOR RELATIONS EVENT

PDF閲覧には別途「Adobe® Reader®」が必要になります。
予めソフトをダウンロードしてからご利用ください。

2016年11月17日(木) 平成29年3月期 中間決算説明会(東京・大和コンファレンスホール)

大和コンファレンスホールにて平成29年3月期 中間決算説明会を開催し、当日は約50名にご出席いただきました。
当社常務取締役管理本部長 小谷野 薫より「2016年度上期実績」「2016年度通期修正計画」についてご説明させていただいた後、当社代表取締役会長兼社長の久保 允誉より「当社の取り組み」についてご説明させていただきました。



平成29年3月期 中間決算説明会 主な質疑応答

上期実績の粗利率が大きく上昇している要因は何ですか?
粗利率の低いデジタル系の商品の売上構成が落ち、粗利率の高い白物・季節系が大きくなったことによる商品ミックスで全体の粗利率が改善しました。また、オリジナル商品の構成比上昇も要因のひとつです。
この先3年の展望を教えてほしい。競争状況等を含めて業界全体を中期的にどう捉えていますか?
競争は一段落し、家電市場は買い替えサイクルに入ってきています。約6年前にピークだったテレビも通常の買い替えのサイクルに戻ってきていて、2020年までには需要はさらに上昇してくる見通しを立てています。家電の国内メーカーが商品ラインナップを絞ってきているため、総合的に家電商品を取り扱っている国内メーカーは減ってきており、代わりに中国など海外のメーカーが増えてきています。ヨーロッパ・中国・台湾企業など様々な国の新しいアイテムを加えて品揃えを行っていきたいと考えています。こういった傾向は、中期的に続くと予測しています。また、住宅リフォームについては、需要が今後より一層増えてくると見ています。携帯電話の売上台数は落ち込んでいますが、SIMカードや格安スマートフォンの売上構成が上昇しているほか、IoTなど通信を利用する商品が今後増えてくると考えています。

2016年09月12日(月) 個人投資家様向け会社説明会(大阪・三菱UFJモルガン・スタンレー証券 大阪支店)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券にて個人投資家様向け会社説明会を開催し、当日は約90名にご出席いただきました。
当社代表取締役会長兼社長の久保允誉より会社の概要、取り組み、株主優待や業績推移についてご説明させていただきました。

2016年05月18日(水) 平成28年3月期 決算説明会(東京・大和コンファレンスホール)

大和コンファレンスホールにて平成28年3月期 決算説明会を開催し、当日は約50名にご出席いただきました。

当社取締役管理本部長 小谷野薫より「2015年度実績」「2016年度通期計画」についてご説明させていただいた後、当社代表取締役会長兼社長の久保允誉より「当社の取り組み」についてご説明させていただきました。



平成28年3月期 決算説明会 主な質疑応答

2016年度のエコ・リビングソーラーの重点的な取り組みについて具体的に教えてください。
2015年度を通じて、工事の品質や接客対応が非常に重要な項目だと改めて痛感いたしました。2016年度もこの部分について教育を強化し、重点的に取り組んでいきたいと考えております。
カテゴリ別には、まず太陽光の販売については、2015年度で一巡しましたので、2016年度は前年を上回る計画を設定しております。今後は、蓄電池とあわせて販売することにより「発電して貯める」といった提案をすすめていきたいと考えております。
オール電化については、2015年度はエコキュートが好調に推移いたしました。2016年度は電力小売自由化の流れによって、節電意識が追い風となり、オール電化に対する顧客の関心も高まっておりますので、さらに増収の計画としております。
リフォームについては、やはり工事品質と接客が重要です。当社の品質は現時点でも満足度の高いものですが、2016年度はさらに研修などを通じて教育を重点的にすすめ、業界でもトップレベルの品質を提供することで、成約件数、客単価の向上を図り、売上の拡大に努めてまいりたいと考えております。

2015年11月17日(火) 平成28年3月期 中間決算説明会(東京・大和コンファレンスホール)

大和コンファレンスホールにて平成28年3月期 第2四半期決算説明会を開催し、当日は約50名にご出席いただきました。
当社取締役管理本部長 小谷野薫より「2015年度第2四半期実績」「2015年度通期計画」についてご説明させていただいた後、当社代表取締役会長兼社長の久保允誉より「当社の取り組み」についてご説明させていただきました。



平成28年3月期 第2四半期決算説明会 主な質疑応答

上期の粗利率が前年より改善しています。その要因について教えてください。
上期の粗利率改善の要因は、まず、高付加価値で高単価な商品の販売が伸びたことです。また、粗利率の高い白物家電が好調に推移し、WindowsXPの反動減でパソコンが伸び悩んだ結果、商品構成比の変化により粗利率が上昇しました。
インバウンド需要の売上構成比について教えてください。
当社は郊外型店舗が多く、首都圏や駅前立地の店舗が少ないので、全体からみた構成比は小さくなっています。ただ、AKIBAなどの一部店舗ではインバウンドの売上構成比は高くなっています。また、インバウンドの売上構成比は小さいですが、免税対応できる店舗は60店舗あります。今後も、免税対応店舗を順次増やしていく予定です。

2015年05月19日(火) 平成27年3月期 決算説明会(東京・大和証券コンファレンスホール)

大和証券コンファレンスホールにて平成27年3月期決算説明会を開催し、当日は64名にご出席いただきました。
当社常務取締役管理本部長 梅原正幸より「2014年度実績」「2015年度通期計画」についてご説明させていただいた後、当社代表取締役会長兼社長の久保允誉より「2015年度の取り組み」についてご説明させていただきました。



平成27年3月期 決算説明会 主な質疑応答

今期計画の利益は前期より大幅増加になっていますがその背景を教えてください。また、法人税率変更等の影響も計画に盛り込んでいるのですか?
今期の売上計画を前期比107%で見込んでおり、粗利益率はほぼ前年並みの計画としております。前期より売上額が伸長することにより利益額が増加する見込みです。また、税率変更の影響は織り込んでおります。
今後の株主還元の考え方について教えてほしい。
年間配当金20円の安定配当を基本としております。
前期の粗利益率が計画値以上となった背景を教えてください。
前期は競合他社間での価格競争の緩和による市場環境の変化と、高付加価値商品の販売構成の増加が主な粗利益率の改善要因です。

2015年02月27日(金) ひろぎんウツミ屋証券主催 個人投資家向け説明会(広島)

ひろぎんウツミ屋証券本社(広島市)にて個人投資家向け説明会を開催し、当日は106名の個人投資家の皆様にご出席いただきました。
当社代表取締役会長兼社長の久保允誉より「エディオンの概要」「エディオンの取組み」「株主優待と株価推移」「業績推移」についてご説明させて頂きました。

2014年11月18日(火) 平成27年3月期 中間決算説明会(東京・大和証券コンファレンスホール)

大和証券コンファレンスホールにて平成27年3月期第2四半期決算説明会を開催し、当日は60名にご出席いただきました。

当社常務取締役管理本部長 梅原正幸より「2014年度上期実績」「2014年度通期計画」についてご説明させていただいた後、当社代表取締役会長兼社長の久保允誉より「2014年度の取り組み」についてご説明させていただきました。

2014年05月16日(金) 平成26年3月期 決算説明会(東京・大和証券コンファレンスホール)

大和証券コンファレンスホールにて平成26年3月期決算説明会を開催し、当日は79名にご出席いただきました。
当社常務取締役管理本部長 梅原正幸より「2013年度実績」「2014年度通期計画」についてご説明させていただいた後、当社代表取締役会長兼社長の久保允誉より「当社の取組」についてご説明させていただきました。



平成26年3月期 決算説明会 主な質疑応答

リフォームの増収に向けてどのような取組みをしていくのか教えてください。
エコ・リビングソーラー商品の今期目標は前年比143%の635億円です。内訳は、リフォームが前年比161%の320億円、太陽光が前年比130%の201億円、オール電化が前年比128%の114億円となっています。
店舗への取組みとして、既存店214店舗の商品ラインナップの増加、未導入の56店舗への新規導入、大型店舗向けリフォーム「おうちDEリフォ」を現在の2店舗から10店舗への増加、小型店舗には「ぷちDEリフォ」を導入していくことを計画しています。
今年度の経費削減について教えてほしい。
過年度のシステム投資の減価償却が終わったことにより減価償却費が減少します。また、正社員の自然減による人員減少をパートの補充で補い、パート比率を上げていくことで人件費削減を行っていきます。

2013年11月21日(木) 平成26年3月期 中間決算説明会(東京・大和証券コンファレンスホール)

大和証券コンファレンスホールにて平成26年3月期中間決算説明会を開催し、当日は73名にご出席いただきました。
当社常務取締役管理本部長 梅原正幸より「2013年度上期実績」についてご説明させていただいた後、当社代表取締役会長兼社長の久保允誉より「当社の取組」「2013年度通期計画」についてご説明させていただきました。


平成26年3月期 中間決済説明会 主な質疑応答

今後の出店について教えてください。
基本方針は中部および近畿を中心とした出店ですが、今後は九州も力を入れていく予定です。来期は出店が少し減るかもしれませんが、既存店のリフォーム導入による改装を進めていきます。
上期の粗利率が上がった要因と下期の想定を教えてください。
上期は処理の変更によるテクニカル要因があったほか、商品ミックスも改善しました。下期は粗利率の高いエアコンや冷蔵庫などの商品の構成が下がるため、その部分での低下を見込んでおります。
リフォーム事業について他社も力を入れているが違いはありますか?
当社では住宅新築はせず、あくまでもパックリフォームを中心に事業を進めております。また現在は小型のリフォームプラン「ぷちDEリフォ」を全店で展開しており、順調に実績があがっております。リフォームにおいては、とくに工事が重要になるので、工事体制を強化していきます。

2013年05月20日(月) 平成25年3月期 決算説明会(東京・大和証券コンファレンスホール)

大和証券コンファレンスホールにて第12期決算説明会を開催し、当日は75名以上の皆さまにご出席いただきました。「2012年度実績」について、当社管理本部長の梅原正幸よりご説明させていただいた後、代表取締役社長の久保允誉より「当社の取組」、「2013年度計画」について発表させていただきました。




平成25年3月期 決算説明会 主な質疑応答

エコ・リビングソーラー事業の収益性はどのような状況ですか。
収益面ではまだ厳しい状況ですが、経費率は下がってきており、生産性は向上しています。今後はオリジナル商品を積極的に取り入れて行き、また自社施工の割合を高めることで、収益性の向上を図ってまいります。
エコ・リビングソーラー事業について、家電小売ならではのアピールポイントは何ですか。
エディオンにはパックリフォームがあります。お客様には工事の料金や時間について不安があるのですが、商品代金から工事料金までを含んだ、分かりやすく選びやすいラインナップで提案をしています。工事時間についても、例えばトイレなら3時間で完了できる商品の開発を行っており、またしっかりした工事監理者を揃えているのでご安心していただけます。
2012年度の地域別状況はどうなっていますか。
地域別の売上状況につきましては、震災などの影響もあって、関東地方は厳しい状況でした。それ以外の中部・近畿・中四国地方については、ほぼ同じような状況でした。

2013年04月12日(金) SMBC日興証券株式会社主催 個人投資家向け説明会(名古屋)

名古屋市中区のSMBC日興証券株式会社名古屋支店8階ホールにて説明会を開催いたしました。
当日は約100名の個人投資家の皆さまにご参加いただきました。
当社代表取締役副会長の岡嶋昇一と経理部長兼IR部長の村上栄一より、「会社概要」、「事業戦略」、「株主還元制度と株価」についてそれぞれご説明いたしました。

2012年11月16日(金) 平成25年3月期 中間決算説明会(東京・大和証券スカイホール)

大和証券スカイホールにて第12期中間決算説明会を開催し、当日は75名以上の皆様にご出席いただきました。
「2012年度上期実績」、「今後の見通しと、当社の取組」、「2012年度通期計画」について、当社代表取締役会長兼社長の久保允誉、常務取締役管理本部長兼財務経理統括部長の麻田祐司よりそれぞれ発表させていただきました。


平成25年3月期 中間決算説明会 主な質疑応答

下期の既存店売上前年比の予測が105%と他社に比べると高いと思われますが、その背景を教えてください。
当社は西日本にほとんどの店舗がありますので、昨年度は復興需要や地デジ切替延長による需要がありませんでした。よって、その部分では他社に比べて昨年のハードルは低いと考えています。そこに、エコリビングソーラー事業の伸長と、ブランド統一セールや「あんしん保証カード」の発行による売上の増加を見込んでおり、市場全体の予測にそれらを加算して105%と設定しております。
来年度の家電業界全体の見方と自社業績の考え方はどうですか?
業界全体では、テレビの販売台数は来年も大きく上がってこないと思われます。自社としては「携帯電話事業」と「エコリビングソーラー事業」で収益を上げていく考えです。
携帯電話事業とエコリビングソーラー事業の収益性はどうですか?
携帯電話については、9月末にiPhone5が発売され、順調に推移しています。また、2年前に発売されたGALAXYも買い替えの時期に入ってきています。すべてのキャリアが扱える家電量販店での販売構成が上がってくると思われますので、収益も上がって来ると見込んでいます。エコリビングソーラー事業については、上期は計画に対しては未達でしたが、業界平均よりも良い数字で推移しております。10月からはこの事業を子会社化しており、より踏み込んで経営に取り組むことで、収益性を上げて行きたいと考えております。

2012年10月05日(金) 野村證券株式会社主催 個人投資家向け説明会(広島)

広島市中区の野村證券株式会社広島支店ホールにて説明会を開催いたしました。
当日は約150名の個人投資家の皆さまにご参加いただきました。
当社常務取締役管理本部長の麻田祐司と経理部長兼IR部長の村上栄一より、「会社概要」、「2011年度実績」「強み・事業戦略・CSR」、「2012年度計画」、「株主還元制度と株価」についてそれぞれご説明いたしました。




2012年05月18日(金) 平成24年3月期 決算説明会(東京・大和証券コンファレンスホール)

大和証券コンファレンスホールにて第11期決算説明会を開催し、当日は70名以上の皆様にご出席いただきました。
「2011年度実績」について、当社取締役管理本部長兼財務経理統括部長の麻田祐司よりご説明させていただいた後、代表取締役社長の久保允誉より「今後の見通しと当社の取組」、「2012年度計画」について発表させていただきました。


平成24年3月期 決算説明会 主な質疑応答

エコリビングソーラー事業の収益性はどのような状況ですか?
売上計画比はマイナスですが規模は拡大しています。粗利率は自社での工事比率が低い為、トータルで20%程度に留まっています。人件費等を考慮すると、まだ営業利益ベースでは少し厳しい状況です。しかし今後、自社での工事比率を高め、計画台数をクリアしていくことで収益力が高まると考えています。太陽光事業については、今年度の計画台数をクリアすることで充分採算が取れると考えています。オリジナル商品も開発中で、商品による粗利率アップも見込んでいます。
テレビについて、今後の見通しはどのように考えていますか?
単価は現時点で回復してきています。商品はスペックアップも含め新製品に移行しており、メーカーも単価を上げる施策に入っています。当面はオリンピック需要もあり大型テレビが売れて単価が上昇する事が考えられますが、2・3年前の単価に戻ることはないと思っています。昨年度は粗利率の低い32型以下の小型テレビが売れましたが、今期は大型の構成比を20%に上げ、新型のテレビをしっかりと販売していく事で10%程度の単価アップは図れると考えています。
携帯事業の収益性について教えて下さい。
子会社のエディオンコミュニケーションズの経常利益は約16億円で、そのほか継続インセンティブが別途収入として入ってきます。
公正取引委員会の指導もあったと思いますが、新店オープン時等のメーカーとの運用体制はどう変わりますか?
現在、メーカーと覚書を交わしています。公正取引委員会の意見も聞きながら検討を進め、新店オープン時の作業は当社が行っています。5月以降は、計画した演出についてメーカーと覚書を交わした後に、一部作業をお願いしています。

2012年03月09日(金) 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社主催 個人投資家向け説明会(大阪)

大阪市中央区北浜の三菱UFJモルガン・スタンレー証券㈱大阪支店2階ホールにて説明会を開催いたしました。
当日はあいにくの雨模様でしたが90名弱の個人投資家の皆様にご参加いただきました。
当社取締役財務経理本部長兼IR部長の麻田祐司から「会社概要」や「当社の強み」「事業戦略」などを説明させていただきました。

HOME