ディスクロージャーポリシー

DISKLOSURE POLICY

(1)情報開示の基本姿勢

当社は、株主、投資家の皆様をはじめとするステークホルダーの皆様に対して、経営の透明性を高め、説明責任を果たすため、公平かつ適時適切に情報開示を行ないます。
開示にあたっては、金融商品取引法等の諸法令および金融証券取引所の定める適時開示規則を遵守し、開示する情報の正確性の確保に努めます。また、適時開示規則に基づく開示に該当しない情報であっても、当社をご理解いただく上で有効と考えられる情報に関しては、積極的に開示いたします。

(2)情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報に関しては、同規則に従い、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム(TD-net)」に登録して公開するとともに、当社ホームページ上にも同一情報を掲載いたします。
また、適時開示規則に該当しない情報に関しましても、当社ホームページ上に情報を掲載いたします。

(3)業績予想等について

当社が開示した資料のうち、将来の戦略、業績見通しなどは現時点で入手可能な情報による判断および仮定に基づくものであり、様々な不確定要素により見通しとは大きく異なる結果となる場合がありますのでご注意ください。

(4)沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩防止や公平性の確保のため、各決算期日から決算発表日までの期間においては業績およびそれに付随する内容に関する質問回答やコメントを差し控えさせていただきますのでご了承ください。


免責事項

掲載情報について

当ウェブサイトに掲載している情報は、当社の事業内容、経営方針・計画、財務状況等をご理解いただくことを目的としており、その正確性、完全性等について、一切保証するものではありません。掲載した情報に誤りがあった場合や、第三者によるデータの改ざん、データダウンロード等によって生じた障害等に関し、当社は事由の如何を問わず一切責任を負うものではありません。

将来の見通しについて

当ウェブサイトに掲載している情報のうち過去の歴史的事実以外のものは、掲載時点で入手可能な情報に基づく当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。従って、将来、実際に公表される業績等はこれらの種々の要素によって変動する可能性があり、当社は皆様が当ウェブサイトの情報を使用されたことにより生じるいかなる損害についても責任を負うものではありません。また、当社は、新たな情報や将来の事象により、当ウェブサイトに掲載された将来の見通しを修正して公表する義務を負うものではなく、それを約束するものでもありません。

投資判断について

当ウェブサイトに掲載している情報は、投資勧誘を目的にしたものではありません。投資等に関する最終決定は、利用者ご自身の判断と責任において行われますようお願いいたします。

HOME